徒然なるままの身勝手な文章ですが、どうぞお付き合いくださいませ。


by yurimenou
カレンダー

<   2004年 12月 ( 43 )   > この月の画像一覧

痛い話(になるかも)

最近古傷が痛みます。

8年前に手術した所なんですけど、はてさて骨が痛いのか、傷痕が痛いのか。
そもそも寒いせいなのか、何か天変地異でも起こるのか。(マテ)
その箇所、何度もメスで切っているので、神経が繋がってないんですよねー。なので感覚が無かったりあったり。(どっちだよ)

一度、その箇所の骨をぐしゃりと潰した事があるので、ちょっとトラウマ。
いまさらまたその骨を壊したなんて…泣くよ、私は…。ううぅ。(次に壊したら、人工骨決定)
[PR]
by yurimenou | 2004-12-23 20:11 | ひとりごと

つぶやき。

「聖夜の追憶」いっぺんにアップしたかったんですけど、文章更正などの理由で一ページだけ更新です。

さて…「聖夜の追憶」
実は、葉月の出身、経歴…などの裏背景ばかりしっかり設定してあって、肝心の祥子は、「そこらへんのひと」くらいの認識しかありません。

思えば、「千の紡ぎ唄」も「刻の旅人」もそうなんです。

あはは…。(笑い事じゃないから)
[PR]
by yurimenou | 2004-12-23 00:00 | ホームページのこと

聖夜の追憶2

…あれー…。 おかしいな。

何やらどんどんどんどん、

ハードボイルドな展開になってきてるんですけどー…。

わ、私の頭の中、一体どうなってるんだ。
[PR]
by yurimenou | 2004-12-20 22:13 | ホームページのこと

レポート。

学校で毎回提出しなければならないレポート。
いい加減ネタも尽きてきました。

というわけで、ちょっと変わったことを書いてやろうかと思いました。

只今、この時間、わたくしは神の意思を感じ取ることに成功いたしました。その事を、このレポートを借りてご報告したいと思います。
さて、そもそも世界の始まりは、神の始まりも等しく、私は彼の声により、ここへと呼ばれたのだと実感しております。
今回も、何よりもいとおしい彼の声を聞くことができました。
汝、東を身よ。そして西を。
嗚呼、宇宙の声が聞こえる。宇宙の声が。
あの、美しい弧を描く至極のラインさえも、神の創りだした芸術品なのですね。…(以下続く)


…↑と書くと、おそらく病院に連れて行かれると思いましたのでやめました(笑)
誰か、レポートのネタ、プリーズ。
[PR]
by yurimenou | 2004-12-20 19:28 | ひとりごと

聖夜の追憶

b0068638_112953.gif


↑2000番キリリク、テーマ「クリスマス」のSS題名決定しました。
 どうでしょう? ロマンチックでしょうか?
 話の中身はともかくね。

 えー…結構長くなりそうなので、今日から25日までの期間連載とさせていただきます。こんな破天荒な形を取るとは、自分でも苦笑いものなのですが(汗)どうぞ25日までお付き合い下さいませ。

 まず、この「聖夜の追憶」の構想と致しましては、

クリスマスと言えば、熱々のカップルが、優雅にシャンパンを傾けつつ、高級レストラン(しかも夜景が見える←ここ重要)で、見つめあいながら愛を誓い合うと言う。ちなみに、その後で指輪なんか渡したりなんかしちゃって、キャー♪
(12月17日分 コピペ)

 …な内容にする予定だったのですが。

 あれれ、オカシイナ。

 何やらハードボイルド風味になりつつあるのは何故なのか?!

 私自身、

 クリスマスのイルミネーションをバックに、拳銃で体中を打ち抜かれた男が、真っ白な雪を鮮血で染めつつ、夜空を見上げる…。
 そして彼は、星空に愛しい恋人の笑顔を投影するのであった。
 しんしんと降り続ける雪が、男の体温を奪い――彼はゆっくりと息を引き取って…。


 というオチが大好きなもので、そっち系に走らないよう、必死で自己規制してきました。(事実、友人にも止められました)

 大丈夫です。
「聖夜の追憶」は、ハッピーエンドです。
 ハッピーエンドです。

 …。

 多分。
[PR]
by yurimenou | 2004-12-20 01:23 | ホームページのこと

やばい…。

他サイト様の、乙女~な世界へ突入しておりました。
ヤバイヤバイ。
さっさと自分の世界に戻ってこねば。
[PR]
by yurimenou | 2004-12-19 19:11 | ひとりごと

アンケート設置。

というわけで、アンケートを設置致しました。
…投票、下さる方、いるか…不安なんですけれども…ご協力くださればとてつもなく嬉しいです。

このサイトに掲載している小説で、どれが一番好まれているのか、よく把握できないんですよねー…。
どうやら、「千の紡ぎ唄」は最近読んでくださる方が増えているようなのですが…。
それもこれも、バナー広告へと投稿したお陰(笑)

うおっと、脱線しかけた。

とりあえず、ご協力よろしくお願いしますー。
[PR]
by yurimenou | 2004-12-19 02:33 | ホームページのこと

キリリクのお話。

ストーリーは出来上がっています。
順調に書けています。しかし。

キャラが動かないよ~っ!!

お前だ。お前が原因だ、葉月!!(←キャラ名)

…もとをただせば私が悪いのですが(自爆)

いや~…無口な殿方ってかな~り好きなんですよね。ベラベラ喋る&無駄に明るい人は、一緒に居て楽しくはあるのですけど、何気に苦手だったりします。ハイ。
ビバ! 背中で語る。(違)

しか~し、…小説の中で背中で語られてもねぇ…。
あはは~…。
[PR]
by yurimenou | 2004-12-18 22:57 | ホームページのこと

魍魎の匣

…相変わらず、京極夏彦氏の作品は、漢字変換に苦労しますね(は・は・は)

今読んでいる最中の本です。京極堂シリーズ第二弾「魍魎の匣」
読み終わったらレビュー書きます。(サイトに)

さて。それは良いとしても。
なんだか…どんどん分厚くなっている気がしますよ、このシリーズ。ええ、「姑獲鳥の夏」の分厚さなんて、可愛いものだった。
もっと言うなれば、清涼院流水氏の「カーニバル五輪の書」も、分厚いなぁと思っていたのだが、それもまだまだ可愛いものだった。
上には上がいるということを、改めて認識するわたくしでありました。

通学途中に読んでいたりするのですが、まず手に余る。
もともと手がぷっくりしていて、小さいので(赤ん坊のようだと言われる)かなーり持ちにくいのであります。
そして。
京極堂シリーズには、(文庫本の話ですが)豪華にも、シリーズ専用のしおりが挟まっているのですよ、最初から。
しかし。
本が分厚すぎて、どこにしおりが挟まっているのやら、分からないこと多し。

いえ…いいんですよ。
本自体はとてつもなく面白いので。

あの分厚い京極堂シリーズですが…上下巻に分けないのは、作者のこだわりなのかなぁ?(今度調べてみよう)
[PR]
by yurimenou | 2004-12-18 02:41 | ひとりごと

WEB拍手メッセージ

ありがとうございました!!!!(深々)
思いっきり私信失礼いたしまする。

瑠璃さん
HPデザイン、褒めていただけて嬉しかったです♪ 無性に和風にしたくなって、約一日で作り直しました。(気がついたら朝になっていたという恐怖)
私も、HP完成楽しみにしていますね~♪ 頑張ってください☆

琥珀さん
WEB拍手の制限文字数は意外と少ないんですよね~。20文字? 40文字か…それくらいです。CGIを自分で設置すると、大幅に送れる文字数が増えるらしいです。(YAHOOとか…無料HPって、大抵CGI不可なんですよね(汗))
私は大して気にしない人間ですので、いつでもWEB拍手で遊んでやってくださいな(笑)
漫画も共感してくださって嬉しかったです!
[PR]
by yurimenou | 2004-12-18 02:26 | ホームページのこと