徒然なるままの身勝手な文章ですが、どうぞお付き合いくださいませ。


by yurimenou
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:ひとりごと( 61 )

おえかき。(落書き)

b0068638_2063438.jpg
某「好きしょ」のキャラクターを描いたつもりなんです。
今度イベントで描くのです。練習のつもりで描いてみたのです。
キャラ的に女の子っぽい容姿なので、女の子を描くつもりでいたら、全く別の生き物になりました。精進しよう……うう。

しかし、やっぱりBL(ボーイズ・ラブ)は苦手なんですよねー。
イラストや小説は普通に書けるんですけど、見るのや読むのはダメです。
きっと、萌えどころなるものが分からないだけなんでしょうけれどもね。
[PR]
by yurimenou | 2005-03-11 20:10 | ひとりごと

最近……

最近、何やら酷く涙もろくなった気がします。
元々泣き虫ではありましたが、――例えばテレビや映画、本を見てボロボロ泣く、って事が無かったんですね。(何を隠そう。中学時代タイタニックを見たとき、感動の波すら襲ってきませんでしたとも)
しかし、最近は何かにつけ涙腺を緩ませています。
別に映画を見る気はないんですが、「いま会いにゆきます」ってありますよね?(原作読んだことないですが)
あの題名見ただけでウルウル来るのです。

というわけで、「私も、もう歳なのかなぁ」と年上のお姉さんに呟いたところ、笑顔で叱られました。
[PR]
by yurimenou | 2005-03-09 04:13 | ひとりごと

巷説百物語

京極夏彦氏原作、『巷説百物語』がWOWOWでドラマ化。
う~観たい観たい観たい(以下延々続く)
でも観られないんですよね~。WOWOW加入してないから……(T_T)
堤監督の作品は大好きなので、彼がどんなテイストで『巷説百物語』を作り上げるのか興味があります。
堤監督、といえば『トリック』も好きだったなぁ……。


追伸

オフが慌しいので、これから1~2週間、『千の紡ぎ唄』以外の更新はできませんです。
こんなトロいサイトですが、これからもどうぞ、どうぞ『千の紡ぎ唄』を宜しくお願いしま~す!(政治家の演説風)
[PR]
by yurimenou | 2005-02-27 00:30 | ひとりごと
というわけで、『オペラ座の怪人』を観てきました。
以下ネタばれ含む可能性ですので、まだ観ていない方などはお気をつけ下さいね。


最初、そんなに期待してはいなかったんですよ。『オペラ座の怪人』をミュージカルで観たことがないし……。
そもそも、『オペラ座の怪人』を観たいと思った動機が、予告編でファントムがマントをバサッとやるところを見たので、「わあ、何やらカッコいいぞ。よし、観よう!」……だったのもので。(変な所がツボに嵌ります)

しっかし、映像がものすっごく綺麗でした。半端じゃないくらい。それにピッタリとはまり込んでいる、『オペラ座の怪人』独特の壮大な音楽。
それだけでも満足♪ なのに、ストーリーが舞台装置に負けないほどに秀逸でした!!

映画でボロ泣きしたのは初めてです。
『泣ける映画』で悉く涙を流さずに終わった私ですが(例:タイタニック)『オペラ座の怪人』は涙腺緩みまくりでした。
いや……、本当に『感動する映画』で絶対に泣けない性質なので、ちょっと自分でも意外でした。(泣けない理由:映画の登場人物が過剰に泣いてくれるから)

もう、切ないですファントム!!
最初にグッと来たのは、クリスティーヌがラウルに心を傾け、雪の上にファントムの贈った真紅の薔薇を落とした時。
薔薇を握りつぶしながら嗚咽を漏らすファントムの、なんと切ない事か……!
冷静に考えれば、狂人以外の何者でもないファントムなんですが、ただただクリスティーヌを想って泣く姿に、リアルな人間を感じました。
最後の場面の、『あなたに惹かれていた』と言われて身を引くファントム。
もうダメでした。あまりに胸が苦しくなってきて。
ファントムにとって、クリスティーヌはずっと憧れ続けた光だったんだと思います。
そしてこれからも永遠に手に入らない『光』と一瞬だけ想いが通じ合って――ファントムが一番切望していたのはそれだったのかなぁ……と。
やっぱりクリスティーヌを想って最後まで涙を流すファントム。
そのシーンで、彼が決して異常な狂人ではない、と分かりました。光を求めたのに、結局得ることが出来なかった人間の悲劇ですね。

そしてそして、最後の『白黒映像』
やっぱりグッときました。落ち着いてきた涙腺がまた緩む私なのでした。
お墓にそっと添えられた、指輪と黒いリボンが結ばれた真紅の薔薇。
反則です。私をそんなに泣かせたいんですか。(笑)
良いですね~。無色の世界に、ファントムの真紅の薔薇だけが色彩を持っているんですよ。
彼のあれから過ごした人生が、幸せなものだったら良いのに、と、物語の中の人物にも関わらず願わずにはおれません。

とにかく『ミュージカル』に抵抗の無い方は是非是非!!
見て損は無いと思います。
宣伝に偽りなし、でした。
[PR]
by yurimenou | 2005-02-23 23:55 | ひとりごと

無題なひとりごと。

完全自作でバナーを作ってみました。
気持ちの起伏により、一つの事に没頭する性質だと最近気が付きました。(-_-;)b0068638_16345626.jpg
←こんなの。
つまり無理矢理陰影を付けてアスタリスク(*)で飾っただけのものです。単純です。
というか、何か寒々しい物体になったような。
ちなみに、ブログ紹介文(?)のところに飾ってあるバナーもついでに作りました。
意識してなかったですけど、私はピンクが好きらしいです。
[PR]
by yurimenou | 2005-02-15 16:42 | ひとりごと

延々つぶやき。

お元気でしょうか? 皆様。
私はまだ初詣に行っていないのですが……寒いので家族全員行きたがりません(爆)いけませんね~頑張っていかないとー…。

お正月と言えば、中学時代にラッキーなことがあったのを覚えています。
初詣の帰り道。
何気なく電車に乗っていて、財布をあさっていましたらば、中からお店で貰ったスクラッチくじが出てきたのですよ。
お店でいっぱい買ったら、「お年玉くじ」といって貰える、アレですね。ハイ。
で、それってクリスマスの時期から貰っていたものだったんですけど、スクラッチ好きなこの私が、面倒くさがって正月まで削らないで財布に入れてたんですね。
で、せっかくの機会だと、母とスクラッチを削りました。
するとすると。「2等賞」
――が、その2等賞がどれだけの意味を持つかも分からず、とりあえず「当たったんだー。何貰えるんだろう」と思って、そのまま放置。(有効期限は3月までだったので)
で、たまたまスクラッチ発行元のお店へ行って、賞品と交換してもらったらば、なんと、一万円分の金券が貰えました。
正月早々本当にラッキーでしたよ。
それ以来、それで運を使い切ってしまったが如く、ほぼラッキーな出来事は皆無でしたけど(笑) あ、当時倍率が高かった高校に受かったのはラッキーだったかなぁ。

さてさて……。まあ過去の話はどうだって良いのですが。
「千の紡ぎ唄」……ですよ、皆様(何が)
今では、読んでくださっている方が沢山いて、とてもとても嬉しい限りです。最初の頃は、どちらかというと「フリゲレビュー」のページがダントツで人気だったんですよね(笑)そりゃそうだー。私が強烈ハマッタものばかりですもの。きっと皆様にも……。
それが、「千の紡ぎ唄」もメインらしくなってくれました。嬉しいです。読んでくださっている皆様、心からありがとうございます。
で……今は丁度忙しい時期に差しかかっていて、更新が良くて週一ペースになるかと思われます。こんなにトロくて本当に申し訳ないです。
それもこれも、読んでくださる皆様が居るからこそ、私はより一層面白い話を書けるように、と頑張れるのでございます。
もう少しして……本格的に暇?(になるといいな……)が出来れば、また集中して書けると思いますし、今から計画していることも沢山あります。
とりあえず現状から脱しなければ、私にとっての「新年」は訪れません……(涙)
定期更新できるようになるまで、どうか生暖かく見守ってやってくださいませ……!!

ではでは、久々にぶつぶつ長ったらしく書きました。(笑)
[PR]
by yurimenou | 2005-01-02 19:06 | ひとりごと

映画鑑賞。

映画を二本観てきました。
以下の文章、ネタばれ含みますので、ご注意下さいね。


マイ・ボディーガード
私は元々ハリウッドの俳優さんって無知も良いところなので…。とりあえず皆演技はパーフェクトでしたっ。
ストーリーも、今ある社会問題を真正面から見つめているもので…例えどれだけ主人公が残虐な行いをしようとも…(暴力を暴力で返すことは嫌いですが)「大切なものを奪われた悲しみ」の大きさを充分に表していたと思います。
……が。
映像技術とか、音楽とか……。いまいちストーリーを壊していたような。
悪酔いする音楽と映像。映像は、とにかくチカチカチカチカして、貧血起こすかと思いました。……光が点滅するとひきつけ起こす人は、見ないほうが良いです。
効果を使いすぎると、返ってストーリーぶち壊しですね。テーマは良かったのになぁ。


ハウルの動く城
あまり評価よくないですよね。少なくともネットの世界では。
しかし、映画館は満員でした。(休みの時期だしね)
事前に「ストーリーがわけ分からん」との評価を多々見てしまっていて、ちょっと不安を抱えつつ見たのですが…私にとってはベストヒットでした。
確かに、細かい説明描写は無かったけれども、脳で補う楽しみ? があって良かったです。
「ソフィーに掛けられた呪い」が解けたかどうかは知りませんが、少なくとも荒野の魔女の呪いって、「自分の心境の年齢になってしまう呪い」だったのでは無いかなぁと勝手に思っています。
だから、最後のソフィーの姿は、ソフィーの心のままの姿なのではないかなと。
しかし、久々にときめきました。ハウル素敵。テーマが「生きる喜び」というだけありますね。
この作品、理屈で見るには向かないかもしれないです。(汗)理屈で考えるとわけ分からなくなりそう。
[PR]
by yurimenou | 2004-12-29 23:28 | ひとりごと

痛い話(になるかも)

最近古傷が痛みます。

8年前に手術した所なんですけど、はてさて骨が痛いのか、傷痕が痛いのか。
そもそも寒いせいなのか、何か天変地異でも起こるのか。(マテ)
その箇所、何度もメスで切っているので、神経が繋がってないんですよねー。なので感覚が無かったりあったり。(どっちだよ)

一度、その箇所の骨をぐしゃりと潰した事があるので、ちょっとトラウマ。
いまさらまたその骨を壊したなんて…泣くよ、私は…。ううぅ。(次に壊したら、人工骨決定)
[PR]
by yurimenou | 2004-12-23 20:11 | ひとりごと

レポート。

学校で毎回提出しなければならないレポート。
いい加減ネタも尽きてきました。

というわけで、ちょっと変わったことを書いてやろうかと思いました。

只今、この時間、わたくしは神の意思を感じ取ることに成功いたしました。その事を、このレポートを借りてご報告したいと思います。
さて、そもそも世界の始まりは、神の始まりも等しく、私は彼の声により、ここへと呼ばれたのだと実感しております。
今回も、何よりもいとおしい彼の声を聞くことができました。
汝、東を身よ。そして西を。
嗚呼、宇宙の声が聞こえる。宇宙の声が。
あの、美しい弧を描く至極のラインさえも、神の創りだした芸術品なのですね。…(以下続く)


…↑と書くと、おそらく病院に連れて行かれると思いましたのでやめました(笑)
誰か、レポートのネタ、プリーズ。
[PR]
by yurimenou | 2004-12-20 19:28 | ひとりごと

やばい…。

他サイト様の、乙女~な世界へ突入しておりました。
ヤバイヤバイ。
さっさと自分の世界に戻ってこねば。
[PR]
by yurimenou | 2004-12-19 19:11 | ひとりごと