徒然なるままの身勝手な文章ですが、どうぞお付き合いくださいませ。


by yurimenou
カレンダー

2004年 12月 20日 ( 3 )

聖夜の追憶2

…あれー…。 おかしいな。

何やらどんどんどんどん、

ハードボイルドな展開になってきてるんですけどー…。

わ、私の頭の中、一体どうなってるんだ。
[PR]
by yurimenou | 2004-12-20 22:13 | ホームページのこと

レポート。

学校で毎回提出しなければならないレポート。
いい加減ネタも尽きてきました。

というわけで、ちょっと変わったことを書いてやろうかと思いました。

只今、この時間、わたくしは神の意思を感じ取ることに成功いたしました。その事を、このレポートを借りてご報告したいと思います。
さて、そもそも世界の始まりは、神の始まりも等しく、私は彼の声により、ここへと呼ばれたのだと実感しております。
今回も、何よりもいとおしい彼の声を聞くことができました。
汝、東を身よ。そして西を。
嗚呼、宇宙の声が聞こえる。宇宙の声が。
あの、美しい弧を描く至極のラインさえも、神の創りだした芸術品なのですね。…(以下続く)


…↑と書くと、おそらく病院に連れて行かれると思いましたのでやめました(笑)
誰か、レポートのネタ、プリーズ。
[PR]
by yurimenou | 2004-12-20 19:28 | ひとりごと

聖夜の追憶

b0068638_112953.gif


↑2000番キリリク、テーマ「クリスマス」のSS題名決定しました。
 どうでしょう? ロマンチックでしょうか?
 話の中身はともかくね。

 えー…結構長くなりそうなので、今日から25日までの期間連載とさせていただきます。こんな破天荒な形を取るとは、自分でも苦笑いものなのですが(汗)どうぞ25日までお付き合い下さいませ。

 まず、この「聖夜の追憶」の構想と致しましては、

クリスマスと言えば、熱々のカップルが、優雅にシャンパンを傾けつつ、高級レストラン(しかも夜景が見える←ここ重要)で、見つめあいながら愛を誓い合うと言う。ちなみに、その後で指輪なんか渡したりなんかしちゃって、キャー♪
(12月17日分 コピペ)

 …な内容にする予定だったのですが。

 あれれ、オカシイナ。

 何やらハードボイルド風味になりつつあるのは何故なのか?!

 私自身、

 クリスマスのイルミネーションをバックに、拳銃で体中を打ち抜かれた男が、真っ白な雪を鮮血で染めつつ、夜空を見上げる…。
 そして彼は、星空に愛しい恋人の笑顔を投影するのであった。
 しんしんと降り続ける雪が、男の体温を奪い――彼はゆっくりと息を引き取って…。


 というオチが大好きなもので、そっち系に走らないよう、必死で自己規制してきました。(事実、友人にも止められました)

 大丈夫です。
「聖夜の追憶」は、ハッピーエンドです。
 ハッピーエンドです。

 …。

 多分。
[PR]
by yurimenou | 2004-12-20 01:23 | ホームページのこと