徒然なるままの身勝手な文章ですが、どうぞお付き合いくださいませ。


by yurimenou
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

何も知らず、悲しみもなく、ただ眠っていられたら。

b0068638_2159780.gif私なりに分析してみた結果、何故長月がああいう皮肉っぽい話ばかりを書くのか、何となくわかりました。
普通に暮らしている当然のような日常が崩れる、という事が過去にあったため、「茶屋日記」や「100のお題」的なものを書いているのかなぁ、と。
今まで自覚してなかったんかい、という話なんですけどね、はい。
でも、一生の内で誰にでもあることなんです。日常が突然崩れる事って。
だから、毎日をもう少し大切に生きる事ができれば素晴らしいですよね。普通に暮らしていると、そこにある大切なものが見えないけれど、亡くして初めて気が付いて、渇望する。
言い訳がましいですが、小説を書く上で登場人物達が何かしら不幸になっていたりするのは、平和な日常って何ものにもかえられない程大切なんだよ、ってメッセージなんですよ。

↑……なんて書くと、あたかも立派なことをしているようにも見えますが、やっぱり80%くらいは楽しんで書いていると思います。
ちょっと聖人ぶってみました、すみませ(殴)


今日もweb拍手&投票有難う御座いました。
皆様の気持ちの一つ一つが、とても嬉しいです。これからもがんばるぞー。
[PR]
by yurimenou | 2005-05-02 21:58 | ひとりごと